都内に住む際の基礎知識

交通アクセスは要チェック

一口に都内と言っても物件の条件は様々で、家賃も大きく変動します。

家賃は主に物件の築年数や設備などで決められますが、都内の場合は交通アクセスも大きく影響することが特徴です。

例えば、同じような間取り、築年数、設備の物件でも、一駅都心に近づくだけで家賃が2~3割高くなることもあります。

都内の物件の家賃相場が交通アクセスに左右されるのは、主な移動手段が電車だからです。

郊外の物件は主な移動手段が自動車であり、最寄り駅の利便性はそれほど家賃に影響を与えません。

駅に近い物件ほど家賃が高くなるのは都内も郊外も変わりませんが、都内の物件はプラスアルファとして最寄り駅のアクセス状況も確認しておきましょう。

まず、都内の電車は急行、快速、通勤特快など様々な種類があります。
これらの電車は停車駅が決められており、速い電車ほど途中の停車駅が少なくなります。

したがって、同じ路線の隣り合った駅でも、快速や通勤特快が停まる駅の方が利便性の面では有利です。

また、私鉄の乗り入れが多い駅も交通アクセスに優れており、電車一本で都内の色々な場所に出掛けられます。

主要駅やターミナル駅に私鉄の乗り入れが多いのは当然ですが、小さな駅でも土地柄によっては複数の私鉄が乗り入れていることがあります。

このように、都心までの移動時間が同じくらいの場所でも最寄り駅の利便性は大きく異なり、結果として家賃に反映されることになるのです。

都内に住むのであれば利便性に優れた最寄り駅の土地に住みたくなると思いますが、予算が折り合わないのであればある程度交通アクセスに関する希望は我慢しましょう。

 

若者に人気の沿線

都内で一人暮らしを始める若者に人気が高いのは、京王、東急、小田急沿線にある物件です。

いずれも都内の主要地を結んでおり、利便性の面でも優れています。
横浜やスカイツリーなど観光スポットへのアクセスにも便利で、都会暮らしを満喫したい人に向いています。

JR沿線も利便性に優れており、根強い人気を誇ります。
なかでも山手線や中央線沿線は都内を代表する沿線で、学生や世代を問わず多くの人が住んでいる土地です。

若者に人気がある地域の目安としては「新宿と東京を直線で結んだ左側かつ品川より上寄り」と言われています。

この条件に当てはまるなかでも小田急線沿いの下北沢や中央線沿いの吉祥寺は、若い世代が住みたい地域のベスト5に入るほどの人気です。

3年前にペルーのお土産で買ってきた財布を愛用しています。
札・カード入れと小銭入れを分けて持ち歩いています。
札入れにはナスカの地上絵、小銭入れにはアルパカや民族が描かれています。

メンズ財布 人気の札入れは黒の革で出来ており(おそらくアルパカの革)、
地上絵は刺繍なのでとてもオシャレなのです。

つくりも丈夫で一目ぼれ。即座に買うことを決めた代物です。
しかし、メンズ財布には小銭入れがついていておらず、
仕方なく上記の小銭入れを同じお土産さんで購入しました。

小銭入れもいろいろタイプがあったのですが、
片手で開閉ができるものにしました。

こちらは、茶色の革製です。
当初は、「仕方なく」札入れと小銭入れを分けたのですが、
これが意外と使いやすいのです。

元々、カードとお札と小銭が一緒になったサイフは大きすぎて、
バッグの中で邪魔になるため好きではありませんでした。

別々にしたことでバッグの中がスッキリしています。
今まで利用してきた歴代のサイフは、7つほどあります。

ディズニーで買ったドナルドのサイフや、
雑貨屋さんで買ったエメラルド素材の派手なサイフや、
プレゼントでもらったコーチのサイフなどなど。

しかし、今使っているペルー産のサイフにはかないません。

使えば使うほど、手になじみ柔らかくなっていくので、
使いやすさが増します。

また、あまり見ないデザインなので、オシャレに敏感な子には
褒められることもよくあります。
ボロボロになってくたびれるまで、使い古すつもりです。

つい最近のことですが、こんなところにニキビができるのかと愕然としたできごとがありました。

それは、顎と首の中間地点である、顎下のところにできてしまったニキビです。
私は30代前半の男性ですので、ここにひげそりを当てた時に痛みを感じ初めて気付きました。

それ以来、なんだか無性にその部分がかゆくなってしまい、顎下の部分が赤くなってしまいました。
人に会うたび会うたびに「顔の下が赤くなってるよ」と突っ込まれ、とても恥ずかしい思いをしました。

こんなところにニキビができるなんて、そうとう生活習慣に問題があるのだなと思い、今の生活を見直すことにしました。
まずは、睡眠不足の解消からです。
私は男性ですのであまりお肌のお手入れに気を使ってはいませんが、睡眠不足はお肌に良くないという話はよく聞きます。

私は仕事がデスクワークのため、体があまり疲れないことから、最近不眠症になっていました。
そういった不眠症を解消すべく、しっかりと運動をし、なるべく夜は長時間寝られるように心がけました。

さらに、昼食費の節約からカップラーメンを職場の休憩所で食べていたのですが、それもニキビに関しては良くないだろうと思い、少しくらいお金がかかってもいいから、もう少しまともな食事をするように心がけなければなりません。
そして、とりあえずの緊急対策としてニキビケアに定評がある「クレアラシル」を購入してみました。
睡眠不足の解消や食事面での生活改善には、即効性はなく時間がかかるものだと思ったからです。

クレアラシルはネットの口コミでもイチオシされていましたし、念のため薬剤師さんに聞いてみたところ好評を得ている商品とのことでした。
まさか30代になってニキビケアの商品を買うとは思いませんでしたが、他人から指摘されるのは恥ずかしいので、そんなことも言ってられません。

私は毎日クレアラシルを幹部に塗って、じっと大人ニキビが無くなるのを待ちました。
そうすると、少しずつではありますが、大人ニキビが次第になくなっていき、今ではかなりサラサラなお肌を取り戻すことができました。

それでも、まだ、ひげそりをする時にちょっと怖がりながらしている時もあるのですが、どうやらクレアラシルのおかげで何とか大人ニキビのピンチを脱することができたようです。
大人ニキビを7日で治す! -原因別の正しい治療方法

とは言え、また不摂生を繰り返すと、いつまた大人ニキビが再発するとも限りません。
睡眠不足と食事にしっかりと気をつけて、2度とニキビに悩まされることが無いようにしたいと思っています。